今すぐやめて!毛抜きNG!自己処理方法を誤ると埋没毛の恐れも

今すぐやめて!毛抜きNG!自己処理方法を誤ると埋没毛の恐れも

毛抜きによるムダ毛の脱毛は、肌に大きなダメージを与えるばかりか、
ゆくゆくは肌トラブルや毛周期が崩れるといった原因を招いてしまう結果となる為、
肌の健康や美肌の為にも、出来ればすぐに止める事が賢明です。

 

ムダ毛自己処理方法

剃る

剃る

ムダ毛処理で一番手軽な処理方法。
カミソリを使用するほかに、電気シェーバーなんかもありますね。
この剃ってムダ毛を処理することの一番のメリットはやはり手軽さ。
しかしそった直後からジョリジョリ感が残ったり、また、永久的にほぼ毎日お手入れをしなくちゃいけないのがデメリットですね。
また、肌の弱い部分方だと炎症や金属アレルギーを引き起こす原因にも。

 

抜く

抜く

剃るについでポピュラーな抜く方法は、毛抜きを使って1本1本したり、脱毛器で一気に抜いたり、ブラジリアンワックスもこの類になります。
この方法の最大の難点は痛み
特に脱毛器やブラジリアンワックスは一度に何本もの毛を引き抜くわけですから、特に初心者にとっては罰ゲームのような痛みが走ります。
加えて肌への負担も大きく、埋没毛の原因となり、炎症を起こしやすくするのです。

 

薬剤を使う

薬剤

ドラッグストアや通販で販売されている毛そのものを溶かしたり脱色したりする薬剤もあります。
こちらは痛みもなく、塗って待って洗い流すだけで大量の部位を一度に脱毛できるので手軽さで言えばお得。
しかしこちらは薬剤に肌が反応してしまいかぶれてしまうケースもよく見られます。

 

家庭用レーザー脱毛器

脱毛器

最近通販などでよく見かける家庭用レーザー脱毛器。
もちろんクリニックなどで使われているレーザー機器より光の照射量がものすごくゆるく、一般家庭でも使えるくらいのレベルにまで落とされているので完全脱毛、というわけにはいかないようです。
また、安いものでも2万円ほどするので、脱毛器としてはコストがかかってしまうのがデメリットです。

 

以上、ムダ毛の自己処理法をご紹介しましたが、やはり自分で処理するにはデメリットも多いのが脱毛。
最近はクリニックなどでも比較的安価になってきているので、気になる方は思い切ってクリニックに相談してみるのも一つの手ですね。

 

 

毛抜きや剃刀などの誤った方法

毛抜きや剃刀などの誤った方法による自己処理をしてきた人は、脱毛方法を変える必要があります。
つまり、毛抜きでワキや腕などを抜くと、一本一本抜くのに時間がかかるだけではなく、痛みが伴います。

 

特にワキの下の部分の皮膚は、とてもデリケートで柔らかい為、皮膚にも悪い影響を及ぼします。

 

また、ワキの下の毛を無理に引っ張ってしまうと、皮膚に摩擦が起きてしまい、
毛穴が開いてしまうといった事があります。そして、毛抜きのダメージにより、皮膚や角質が傷つき、
角質や毛根にかさぶたができてしまい、毛が埋もれた状態になります。
これを、毛抜きによる埋没毛といいます。

 

また、剃刀や毛抜きの使用による色素沈着や、こうした肌を直接傷つける方法で、開いた毛穴の部分に
細菌が感染してしまい、毛が纏まって皮膚が硬く腫れ上がり、毛の根が深くなる肌の炎症を毛嚢炎といい、
これらも自己処理による肌のトラブル症状です。

 

埋没毛の原因

埋没毛は、皮膚のトラブルが原因で起こります。
自分でムダ毛処理をする時、カミソリや毛抜きを使う人が多いと思います。
その際に、どれだけ注意をしていても、つい深く剃り過ぎてしまったり、毛の流れと反対方向に力を入れてしまったりすることもあるでしょう。

 

毛

また、毛抜きで毛穴から毛を抜くということも、皮膚には多大なダメージを与えているのです。

そうしてダメージを受けた皮膚は、その傷を修復しようとします。
けがをするとかさぶたができるのと同じような事です。
そして、皮膚がダメージを修復しようとする時に、毛穴が塞がれてしまうのです。
そうすると、毛穴の奥にあった毛は伸びてきても毛穴の外に出ることが出来なくなり、埋没毛となるのです。

 

埋没毛が出来てしまったら

埋没毛は、放っておいても自然に治る事も多いのですが、見た目が悪いものです。
また、場合によっては毛嚢炎などの炎症を引き起こすこともあります。

ジェル

 

ですから、早めに埋没毛を治しましょう。
埋没毛が出来てしまったら、スクラブやピーリングジェルなどを使って新陳代謝を促し、
古い角質を落として早めに毛穴の塞がりを取り除いてあげる事が大切です。
炎症が起こってしまった場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

 

埋没毛の予防法

埋没毛を予防するには、皮膚に負担をかけないようにする事が大切です。
毛抜きによる自己処理は、皮膚への負担が大きいので避けましょう。

 

カミソリを使う場合も、肌を保湿して柔らかくしてから使用し、逆剃りや深剃りを避けて丁寧に処理をしましょう。
電気シェーバーを使うと肌への負担も小さくて済みます。
また、クリニックなどで脱毛しておくと、自己処理の必要がなくなりますから埋没毛が起こることも少なくなります。

 

皮膚を傷めてしまった人はアシリアクリニックへ!

自己処理による方法で皮膚を傷めてしまった人は、通常のサロンよりも強力な照射で
肌を傷つけないアリシアクリニックでの脱毛をおすすめします。

 

それは、通常のサロンよりも肌に負担をかけず、スピーディーに脱毛する性能面において高性能な脱毛機を使用しています。
もし、ムダ毛の処理でお悩みの方や、既に自己処理によるダメージで
お困りの方は、肌に負担をかけず安心して脱毛を行えるす医療脱毛サロンで脱毛を行う事をおすすめします。

 

医療脱毛サロンというと、どうしても高額なイメージをされてしまう方もいらっしゃるかと思われます。

 

ところが、キャンペーンによる初回の支払いが大変お安く、また支払い途中でもキャンセルが出来るといった、
消費者にはとても手厚いサービスを提供している医療脱毛サロンでもあります。